Jesse Van Ruller来日公演へ 【丸の内Cotton Club】

jesse van ruller,ジャシヴァンルーラー,来日
  • 公開日 2015/08/26
  • 最終更新日 2018/08/26

今日は第一線で活躍するオランダ人ジャズギタリストJesse Van Rullerの来日公演へ行ってきました。

久しぶりのコットンクラブ

コットンクラブへは去年のAri Hoenig Trioの公演以来約1年ぶりに足を運びました。相変わらずいい雰囲気です(笑)

Cotton club,丸の内,ジャズバー

ライブの開演1時間前にパシャり

前回Jesse Van Ruller氏の演奏を聴いたのもコットンクラブでした。あれは…確か彼のサイドプロジェクトであるChamber Tonesの来日公演だった。

ライブ会場は満員?!

早めに会場には到着したのですがもうすでに自由席の順番待ちの列が15〜20人!こんなコットンクラブ初めてでした(笑)それほどJesse Van Rullerは日本で人気なんだと知りました。

image

開始前から長蛇の列である

Jesse Van Rullerさん、やっぱりすごいかったです。本当にこの一言(笑)ギタートリオでのライブ演奏を聴いたのは初めてだったのですがとてつもないドライブ感でした。

メンバー3人が登場してさぁ演奏開始…。

Jesse Van Rullerさんのギターの1音目…

「ポーン」

これでもうやられました(笑)

音が素晴らしくかっこいい。

Gibson ES150とおそらくフェンダーのアンプ直のシンプルなセッティングで乾いたポコーンといった感じの音でした。いやぁ病みつき(笑)

GIBSON,ES150DC,jesse van ruller

Jesse Van Rullerの愛用しているGibson ES150DC

それに物凄いピッキングテクニックとタイトなリズムも相まって凄まじくドライビングな印象でした。

最近は個人的にゆったーり演奏に乗る傾向があったのでとても新鮮でいい刺激になりました♪

アンコール前にやったオリジナルのFloating on Topという曲がまぁ超絶(笑)

(今回はテナー奏者のJoe Hendersonへのトリビュートアルバムリリースでの来日だったのでJoe Hendersonの曲が多かった)

そのオリジナルの曲では特に物凄い右手の動きをしていました。
ピックは人差し指で握り親指中指薬指でとんでもない速さのアルペジオ。さらにベースのClemens van der Feenペデルセンのようにこれまた早いパッセージのフレーズをブレンドして…何人もの演奏者がいるような感じになってました。いやぁ凄かった。

本当にいい刺激になりました!!

そして来月のBlue Note Jazz FestivalにSnarky Puppyが来ることを今更知りかなりテンションがあがり、その前日には今大注目のバンドHiatus Kaiyoteが青山Blue Noteでライブをする事を知り…行くしかないか?となっています(笑)Blue Note Jazz Fesの次の日からRobert Glasperがこれまた青山Blue Noteでライブ。これも…(笑)

9月はいろいろ音楽がやばいですなぁ〜♪

ライブの後は皆さんといつものお店へ。お刺身美味しかったな〜(笑)

終始音楽の話をしてました。とっても楽しかったしとても参考になるお話を沢山伺うことができました^^

image

FBのモンスターグループ”ジャズギター研究会”の重鎮の方々と…w

Cheers.

ジェシといったらこれでしょう