ジェリーバーガンジーのジャズ教本と向き合い方

ジェリーバーガンジー ジャズ教本 永井義朗 横浜 川崎 武蔵小杉 ギター教室
  • 公開日 2015/07/25
  • 最終更新日 2016/10/03

毎日少しずつではありますがホームページも変化をしつつあります。

本当に少しずつのプログレッションになりますがプログラミングの勉強をしつつ音楽教室の経営者としてネットワークというものを乗りこなせるよう自分の中にしっかり落とし込みつつ進んでいこうと思っています^^

ジェリーバーガンジーのジャズ教本

さて、今日はレッスンの後生徒さんとジェリーバーガンジーの教本の話題になりました。

ジェリーバーガンジー氏のジャズ教本シリーズは僕のフェイバリットの一つ。
一冊一冊がなかなかいい値段するので学生の頃は一冊買うのにいちいち気持ちを込めて購入したものです(笑)
ジェリーバーガンジーの教本は1冊をしっかり学びこもうと思うとかなりの時間を必要とします。

ある意味では大変お得な教本なんです(笑)
色々な角度から自分の課題への取り組み方を観察できますし、何より内容と音源(マイナスワン/デモ演奏のCD)が充実している。

特に好きなのが第2巻のペンタトニック・スケールと第4巻のメロディックリズムの2冊。
まだ完璧に終了はしていないのでまたトライしてみようかな〜といった気分です。

あの教本ってやっていくうちに新たな方向性が(教本の中にはないけど教本からヒントを得た結果生まれた)次々に出てきて本編をしっかりこなしたりすることって少ない時もあったりするんです(笑)そういった意味でも大変お得な教本!!

教本自体にジェリー本人が設定してのかはわかりませんがレベルが設定されているので下の表を参考にご自身の求める内容の教本をこなしてみるのも良いでしょうね^^

ジェリーバーガンジー ジャズ教本 永井義朗 横浜 川崎 武蔵小杉 ギター教室

新しい教本と向き合う瞬間って楽しい

デニムパンツでも革製品でも新しく手にしたものってなんだかワクワクしますよね。これから自分のカラーに染めていってあげよう…みたいな感じで育てる感覚。

それと同じように音楽的に必要としていたドツボな内容の教本と出会った瞬間それを購入してどう自分の中に落とし込もうかアイデアを出す瞬間。この時間が個人的に好きなんです(笑)

僕って本当に講師向きの人間だな〜とつくづく思います(自分で言うのもなんですけど。笑)

音楽の分析?大好きです。

音楽の研究??えぇ、大好きです。

だから音楽講師になったんです!

Cheers.

ジェリーバーガンジー教則本(紹介しているのはすべて日本語版です)