Lehle Mono Volume 90の導入

Lehle,mono-volume-90,ヴォリュームペダル,エフェクター
  • 公開日 2019/04/17

こんばんは。

約4年ぶりにライブ演奏の活動を再開したこともあって、ここ最近エフェクター周りを新調しています。

永井義朗,ジャズギター,ライブ,bar-nasa

March 27, 2019 at Bar Nasa

新しいヴォリュームペダル

Lehle,mono-volume-90,ヴォリュームペダル,エフェクター

Lehle – Mono Volume 90 –

最近までヴォリュームペダルを導入していませんでしたが先日のライブで感じたものからヴォリュームペダルを再び導入することにしました。

以前までボードに組んでいたのはHotone社のSoul Pressというヴォリューム/ワウペダルです。

駆体が小さいこともあって取り回しの良さに惹かれていましたが、足の大きい自分にとって操作性はイマイチでした。

可変域の調整などもできて痒いところに手が届く存在でしたが、ここはさらなるペダルを探索しよう!となりまして…。

そこで目をつけたのがLehle社の「mono volume 90」といった感じです。

ポッド無し、タコ糸無しで高品質

Lehle社のMono Volume 90は精確な磁気センサーを搭載し、摩擦のない操作を可能としたヴォリュームペダルです。
Mono Volume 90内に組み込まれた、ドイツ製の磁気センサーはペダル内部の永久磁石を動かしその相違を磁気センサーが測定し電圧制御増幅器が制御されるのだそう。
(なんだかむずかしー!しかし、工学的な話にはロマンを感じます。笑)

もちろんポッドによるノイズの発生や発信音域の低減なども心配無し。

何よりタコ糸が無い事により可能となるMono Volume 90の操作性の良さは抜群…!

楽器店で試した後、その場で即購入(笑)

これからペダルボードごと新調するので世界各国から色々オーダーしたものが届き次第一つずつ紹介していきますねー。

これからのボードはやっぱりこれかな…。

それでは、また。