BlueNote Jazz Festival in Japanに行ってきました

Bluenote-jazz-festival-in-tokyo,ブルーノート
  • 公開日 2015/09/30

2015年9月27日。横浜は赤レンガ倉庫のシーサイドにステージが2つ。
メインステージが”Bird”、サブステージは”Diz”と名前の付いた2つのステージで約8時間にわたる熱いパフォーマンスが繰り広げられました。

というわけでブルーノートジャズフェスティバル in 東京に行ってまいりました。

会場に到着するや否や当日券を求める人で入口がすごいことになっていました!!

ブルーノートジャズフェスティバル,東京

それと今回の演奏順は下記のタイムテーブル通りでした。

ブルーノートジャズフェスティバル.タイムテーブル

1発目からお目当てのバンドHiatus Kayoteのお出ましです。(今回のアーティスト写真は全体的に小さめですw)

 

(Hiatus Kayoteヴォーカル、ナイ・パームがとってもCUTE♪)
hiatus-kaiyote.ハイエイタスカイヨーテ

今回のフェスと前日のBluenote公演が初来日の彼らのパフォーマンスはとんでもなくカッコいいものでした。バリバリのオッドタイムな楽曲、緻密さ中にみせる余裕感。Vo/Gtのナイ・パームの青のスパンコールにキツネの尻尾…彼女のファッションも雰囲気も素晴らしかったです^^これからもっとフィーバーすること間違いなしでしょう。

続いてPat Methenyエリックミヤシロ率いる東京ジャズオーケストラの演奏。(…写真撮り忘れましたw)
メインステージ初の演奏だったせいか序盤音量がかなり小さく「勿体無いなあ〜」とか思いながらリスニングしていました。メセニー先生との共演歴もあるドイツのベーシスト、エバーハルト・ウェーバーに捧げた映像を投影しつつその映像と同期させ演奏をするというまた粋な演出の30分間ほどオマージュの演奏も音量が…w
軽く瞑想タイムとなったオマージュの後は…やってくれましたLast Train Home!!私の大好きなメセニーナンバーの一つ!!人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディング(前作はYESのRoundaboutでしたw)にも起用されまた知名度が上がりましたかね?^^
ここから音量問題も解決しつつあり最高のステージングに!!
最終的には「やっぱりメセニーいいなぁ」ってなりました^^よかったよかった。
続いてはDizステージにて。今回のお目当てSnarky Puppyの演奏です。マリアシュナイダーオーケストラのジワジワ〜っとした感動系のバンドしか聴いたこと無かったのですが、生徒さんからのオススメもあり、初めて聞いて以来完全にハマっていました。

snarky-puppy,スナーキーパッピー
初のパフォーマンスを聴いての感想は…ほんっとに最高!!でした。
ステージ上でiphoneを構え自撮りをしたりバンマスの指示を無視してドラムが音出したり…それでもメンバーみんなジョーク好きな感じで終始ステージ上で爆笑しつつ雑談したりしていてすごくよかったです(笑)演奏は半端なくキレッキレでボコーダーを使ったりした演出(Glasper Experimentのような)もあり完全にオーディエンスをかっさらっていました。本当にステージング、演奏、キャラクター、全て鳥肌モノでした〜。
続いてはBirdステージでのRobert Glasper Trioの演奏。

robert-glasper,ロバートグラスパー,bluenote-jazz-festival-in-tokyo
生グラスパーのステージはほんと渇望していました。音量問題はメセニー先生により解決している筈なので期待とともに席に着席しリスニング。
うーん。このジワジワくる感じ。ふわーっとしたピアノの下で常にピーンとしたピアノ線の様な緊張感を感じる演奏。例えるなら…そう!!Radioheadみたいな感じかな? またGlasperのVoiceが叙情的で大変かっこいい。今回の公演の中では一番アコースティックかつミニマルな編成ながらそのオーラは圧巻でした。

急に途中「これから、ゲストを招く」とGlasper氏のアナウンス…
「ちょっと緊張している」とGlasper氏…
今回が初の共演となるその相手は…まさか!!!
そうですMetheny先生!!

(Glasperと共演中のMetheny先生!!ニット帽!!!)

Pat-metheny,robert-glasper,bluenote-jazz-festival-in-tokyo
テンションMAXになりました(笑)
瞬間最高「来てよかったと思った」率を記録した瞬間でもありました(笑)

メセニー先生とのコラボはフレディーハバードの楽曲(だと言っていたような気が…します)
メセニー先生のトランペットの様なウォーミーなシンセギターサウンドが実にいい感じ。対するグラスパーのコンピングは先ほどと打って変わってソリッドな印象。表情を変えてきました。さすがです。。
ここもいいステージでした。
(さっきから良かったしか言っていませんが、本当に全部いい感じなんですw)

続いてはDizステージにてIncognitoの演奏。今回初めて耳にする彼らの演奏に胸をたからせながら待つと…「イエーイ!」といきなりオーディエンスの完成が!!始まったのかな?と思いやマイクで「Welcome to SOUND CHECK!!」と(笑)サウンドチェックでこんなに盛り上がるってどんだけなんだ!w
この頃から日が暮れだしあたりはすっかり夜。空にはクッキリと満月。雰囲気が抜群に…横浜という街が輝く最高の武器”夜”を手にした瞬間だった。

(すごい人の数だったので遠くから激写!!)

incognite, インコグニート,Bluenote-jazz-festival-in-tokyo,ブルーノート

Incognitoの演奏はぶっ飛びモノでした。1時間くらいのステージでしたがずーっと踊ってました^ ^とにか軽快で心地よく、そして熱い!!この時間帯ではオーディエンスの数も相当な数になっていたので会場はすごい盛り上がりになっていました^ ^

トリを飾るのはJeff Beck!!(…ここも写真撮り忘れましたw)
せっかくなんで聴いてみた感じでしたが帰りに友人から年齢を聞いてビックリしました。71歳には見えなかったなぁ〜。恐るべしJeff Beck!!

総評としては大満足なお祭りでした^ ^
8時間にも及ぶ英才教育的な感じで最高の音楽を浴びまくれました。
と同時に多くのインスピレーションを受けたせいかBluezNote祭りの後の最近の永井は久しぶりに練習が楽しくて仕方ありません!!(笑)
また次回もやってほしいです♪ 

P.S.
昨日おすすめとお気に入りのページ(オススメ教則本のコーナー)を色々と更新しました。是非チェックしてください♪

▶︎永井義朗ギター教室 | おすすめ教材のページ

 

Cheers.

 

こんな面白そうな本…放っておけません!!w


横浜、川崎、武蔵小杉のギター教室/ 永井義朗ギター教室

ギターレッスンのお問合わせはこちらからお待ちしております。

【ギターレッスンの詳細ページへはこちらから】
guitarlesson