韓国のバンドHyukohの魅力とは

  • 公開日 2016/02/07
  • 最終更新日 2016/02/09

皆様こんばんは。最近はジャンルレスで様々な音楽を楽しんでいます。先日音楽作家の知人から教わったHyukohという韓国発のバンドのサウンドに魅了されているので今回は簡単にHyukohについて書いてみたいと思います^^

Hyukoh(혁오/ヒョゴ、ヒョクオ)
メンバーは、オ・ヒョク(Vo)、イム・ドンゴン(Ba)、イム・ヒョンジェ(Gt)、イ・イヌ(Dr)からなる4人組のバンドです。皆さん1993年生まれ!若いですねぇ〜^^日本でいうと…世代的には大体The fin.位でしょうか?(正確にはThe fin.の方がちょっと上の世代)
リーダーのオ・ヒョクの名前を逆さまにしたヒョクオ(ヒョゴ)がバンド名になっています。
デビューして1年でありながら昨年12月には渋谷o-nestでの日本初単独ライブを行いました。日本のメディアにはほぼ露呈していないにも関わらずチケットは完売といったかなりアツいバンドです。

私の中の韓国の音楽シーン観

一昔前(?)の韓流ブーム。それに伴ったk-popブーム。正直全くと言っていいほど韓国の音楽シーンには興味はありませんでした(笑)しかしHyukohの音を聴いて韓国という国の音楽シーンのイメージがひっくり返された衝撃を覚えました。バンドの醸し出す音は洗練されていて遊び心も持ち合わせている素晴らしいサウンドです。

Hyukohのディスコグラフィー

20EP(ファーストアルバム)

(2014年9月10日リリース)
hyukoh,韓国, バンド

楽曲リスト

1 Lonely
2 Feels Like Roller-Coaster Ride
3 Ohio
4 위잉위잉
5 Our Place
6 I Have No Hometown


Panda Bear(シングル)

(2015年リリース)

hyukoh,韓国,バンド
楽曲リスト

1 Bamboo
2 Panda Bear






22EP(セカンドアルバム)

(2015年5月28日リリース)

hyukoh,韓国, バンド
楽曲リスト

1 Settled Down
2 와리가리(Comes And Goes)
3 큰새
4 Mer
5 Hooka
6 공드리

個人的にオススメの楽曲

幾つかオススメの曲を貼り付けておきます^^
Mer(from 22EP)

叙情的な雰囲気がてんこ盛りの楽曲です。個人的にはこの曲がメガヒット中です(笑)サビ終わりに来る長7度音を引っ張る歌のメロディーセンスは秀逸ですねぇ。

Come And Goes(from 22EP)

イントロからの雰囲気から一転、サビに入ってからの爽快感がいい感じの楽曲です。リリックもサビは英語歌詞を採用してメリハリ(いいコントラスト)を生んでいますね。韓国語はフランス語のような丸いような印象を感じました。英語は思いっきりソリッドな雰囲気です。この対比も個人的には良いポイントになっています。(韓国語は何言ってるのか全くわかりませんが…w)
MVの雰囲気はTori Y Moi / Still SoundのMVの雰囲気に似たものを感じるのは私だけでしょうか…?(笑)うん、Toro Y Moiもカッコいいです^^






Ohio(from 20EP)

オ・ヒョク氏の持ち前の甘い声にマッチした楽曲。ゆったーりなノリとインターバルの距離感の小さいメロディー。楽曲がシンプルだからこそ歌い手のキャラが活きるって感じですかね^^

WI ING WI ING (위잉위잉)(from 20EP)

中盤からのギターカッティングのブレンドがいい感じの楽曲です。タイトルのウィンウィン(위잉위잉)はどうやら音を表現する言葉のようで日本語のブンブン(飛んでいく)的な意味だそう。

これからの彼らに期待している永井さんなのでした^^

 

今日も明日もありがとう♪

 

Cheers.

 


横浜、川崎、武蔵小杉のギター教室/ 永井義朗ギター教室

ギターレッスンのお問合わせはこちらからお待ちしております。

【ギターレッスンの詳細ページへはこちらから】

guitarlesson