トラベラーギターの改造

トラベラーギター,改造,塗装
  • 公開日 2016/01/02
  • 最終更新日 2016/01/08

皆様、あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いします。

トラベラーギター改造してみた
冬休みに入ってから着手していたトラベラーギターの改造が完了しました♪結果的には大満足です。品のある見た目と音になりました(笑)ちゃんと愛情を注げばどんなものでも答えてくれるようです。

トラベラーギター,改造,塗装

塗装は宣言通りオイルフィニッシュで、ワシンという塗料メーカーの水性オイルを使いました。
初めてのギターの塗装でしたが初めての割には上出来でしょう!と思い込んでいます^^

ついでに交換したピックアップはSeymour DuncanのLittle59をマウントしました。久しぶりの半田付けの作業は感覚を取り戻すまでちょいと時間かかりましたが感覚を取り戻せばササっと終わりました^^半田が溶け込んで染み渡る瞬間が大好きなんですよねー。

(新しくマウントしたSeymour DuncanのピックアップLittle59)

トラベラーギター,改造,塗装,Seymour Duncan,Little59

(配線自体はPOTが無いのでジャックに向かってシリーズ配線です。超シンプル。)

トラベラーギター,改造,塗装

さてさて今回からはThomastik InfeldのJazz弦(フラットワウンド)を張ってみることにしました。今回は弦を見た目重視でチョイスしてみました^^というのも、、Thomastikの弦は巻き弦(と呼ぶのでしょうか?)が赤いんですよねー。そしてプレーン弦はゴールドなんです。このゴージャス感をプラスしたかったんです(笑)

(Thomastik InfeldのJazz弦)

Thomastik Infeld,jazz,ジャズギター,弦
それとゲージがかなり細い!これがポイントでした。(今回は11-47のエクストラライトのモデルをチョイスしました) レッスンではジャズギター以外のジャンルもこなす必要があるのでゲージは細いものに限られます。(このトラベラギターはレッスン用のギターなんです♪)

2016年とってもいいスタート
昨日は初詣に行き恒例のおみくじ!今年も大吉でした^^ツイテルツイテルーっ!!ありがとうございます♪

image

ギターのモディファイはギターについて深く学び直す事の出来る大変良い機会となりました。塗装の知識や木材の知識も電装の知識や能力と仕組み。本当に勉強なりました。そして、めちゃくちゃ楽しかったです^^(ここ重要!!w)今度は生徒さん用のレンタルギターを自作しようかなぁと思いましたそしてこのトラベラギターにもザグリ入れてヴォリュームかトーンなんかのコントロールを埋め込んでやろうかと思います^^(そんな厚みがあるかは微妙なとこなんですが…w)

とにかく!!今年はもうすでにいい年になりました!!
(って早いかw)

 

今日も皆さんにありがとうを!!

 

Cheers.

 

La Bella社のブラックナイロン弦も気になりますねー。今度はこの弦を張ってみましょうかな?あ、あ、弦アースが取れないという噂も耳にしたことありますが…。真相はいかに!?


横浜、川崎、武蔵小杉のギター教室/ 永井義朗ギター教室

ギターレッスンのお問合わせはこちらからお待ちしております。

【ギターレッスンの詳細ページへはこちらから】

guitarlesson