ジャズギターアドリブ練習におすすめの教則本

ジャズギター,教則本,おすすめ
  • 公開日 2016/07/06

皆さん、こんばんは^^
最近永井さんはあるジャズパターンの練習本にハマっています。ジャズパターンの練習はパズルのような練習なんですがギターの指板上の音を理解する練習になったり音型的にジャズギターのアドリブをとっていく為のトレーニングなったりとなにかと美味しい練習なんです!

Jerry CokerのPatterns for Jazz

例えばこのジャズパターン教則本!!

Jerry Coker | Patterns For Jazz

もう私がジャズギター演奏を志し始めた頃から使っているジャズパターン教則本の大定番の一冊です。一家に一冊な感覚で持つべきジャズパターン教則本と断言していいと思います(笑)
このジャズ教則本はすべての楽器に対応している(Treble CleffとBass Cleffとでこの教則本には2のつバージョンがあります)のでギターで練習する場合はギターなりの取り組み方を考えていくことでより一層このジャズ教則本の効力を引き出せると思います。

教則本に合わせたジャズギター練習法

このジャズ教則本はパターンを特定のインターバルで転回させていきます。半音ずつだったり短3度ずつだったり全音だったり…とそんな感じです。
ギターはパターンの指使いをそのままに平行的に移動させていくことが出来る楽器なので半音ずつパターンを演奏したり全音ずつパターンを演奏したりするのがピアノとは違ってとても簡単にできてしまうんですね(笑)
なので私がギターでこのジャズ教則本にあるジャズパターンを練習する際は、フレットに制限をもたせて練習していったりします。例えばCトライアドから半音ずつトライアドを上げていくパターンがあったとします。そしてフレットの制限を開放弦〜6フレットまでとします。そうするとどうでしょう…?ギターの指板上を同じ形で平行的にトライアドを上げていくだけでは決して全てのパターンを演奏できません!(厳しい!w)


先日よりオリジナルジャズギター教則本の発売を再開しました!!


しかしです! 1つのジャズパターン練習で様々なトライアドのフォームの練習が出来るんです^^
また、ギターの指板上の音を練習して理解したい方やトライアドや4声のコードトーンの音名を覚えたい方にはパターン1音1音の音名を口でブツブツ喋りながら演奏してみましょう!ふざけて無いですよ?(笑)ジャズギター演奏にどちらも必要なスキルなのでギターレッスンでも練習されることをお勧めしています。
それと、口で音名を発しながら教則本のジャズパターンの演奏をする事はとてもいい練習になるんです^^
初めて音名のトレーニングに挑戦する!って方はすごーくゆっくりから丁寧に練習を初めましょう。丁寧に丁寧に自分に言い聞かせるように瞑想するように練習すると良いです(笑)演奏に大切な集中力が付きます!
これらは結構ストイックな練習法なので無理の無い程度に楽しんで練習していってみてくださいね♪
今日のブログはとってもオススメのジャズギター(ギター以外でも使用できます!)教則本のご紹介でした^^
ジャズパターンの練習ってめちゃくちゃ楽しいです♪ (…あくまで私個人の感想でーすw底力は確実にアップしますよ!)

今日も、ありがとう。

いつも、ありがとう。

 

Cheers.


Jerry Coker氏のジャズ教則本はどれも素晴らしいものばかりです!!

素晴らしいジャズ語法の教則本です!! 

楽曲を学習するための教則本でイヤトレの練習もできます!


横浜、川崎、武蔵小杉のギター・ジャズギター教室/ 永井義朗ギター教室

ギターレッスンのお問合わせはこちらからお待ちしております。

【ギターレッスンの詳細ページへはこちらから】

guitarlesson