Lage Lund ジャズギター・アドリブ分析 第6回

lage-lund,stablemates,transcription,コピー,ジャズギター
  • 公開日 2018/08/18
  • 最終更新日 2018/09/03

今回分析するLage Lundのジャズギター・アドリブフレーズは前回に引き続き、サクソフォニストのWill Vinsonのグループでのライブ盤「Live At Smalls」で演奏された「Stablemates」におけるギターソロを取り上げる。

前回の講座内容は以下のリンクより確認いただけるのでこちらも参考にしていただきたい。

Lage Lund ジャズギター・アドリブ分析 5

またTag(ブログの冒頭にある「Lage Lund」などの文字)をクリックすることでLage Lundに関する記事一覧の観覧が可能である。

特定のワードでホームページ内の記事を検索することも可能なので興味のある方はご活用いただきたい。

分析するソロの音源について

アルバム名 Live At Smalls
参加ミュージシャン
  • Will Vinson (As)
  • Lage Lund (Gt)
  • Aaron Parks (P)
  • Matt Brewer (B)
  • Marcus Gilmore (D)
  • 楽曲
    1. The Clock Killer
    2. Star Of Greece
    3. Swagger
    4. Stablemates
    5. Squeeze
    6. Morning Glory
    7. Albemarle
    録音日 2012年12月4日 12月5日

    まずは今回取り上げていくLage Lundのアドリブが演奏されている楽曲である「Stablemates」を解説したいと思う。

    Stablemates 楽曲の構成

    Stablematesはサックス奏者で、作/編曲家のBenny Golsonにより作曲された。

    Benny Golsonの活動中期(1955年 – 1956年頃)にはLionel Hampton楽団やDizzy Gillespie楽団のバンドで作・編曲者としても活動し、この頃に培ったビッグバンド向けのモダンな編曲スタイルをリフレクトし作り上げられた1曲が今回取り上げる「Stalemates」である。

    Jamey AebersoldによるBenny Golson曲集
    ソングフォーム ABA
    構成 スウィング(Aセクション)
    ラテン(Aセクション 11 – 14bar)
    スウィング(Bセクション)
    調性 D♭メジャー

    lage-lund,stablemates,transcription,コピー,ジャズギター


    Lage Lundのジャズギター・フレージングをメインに解説するので、楽曲のアナライズは今回割愛させていただく。
    今回のLage Lundによるギターソロは第1コーラスの第17小節から第23小節までの演奏を分析対象としている。

    また、今回題材としているLage Lundによる「Stablemates」のフルトランスクリプションを以下のリンクにて販売しているので学習に合わせてお使いいただければと思う。


    Jazz Guitar Transcriptions

    それではLage Lundによるアドリブソロの全容をご確認いただこう。


    lage-lund,stablemates,transcription,コピー,ジャズギター

    Lage Lund ジャズギター分析 ギターソロの全容


    Stablematesは半音進行と4度進行によるコード進行のコントラストを描いたスリリングな作品である。今回取り上げたLage Lundによるギター演奏は鬼門とされるBセクションにおける半音進行上でのアドリブソロとなる。




    Lage Lundのジャズギター・アドリブソロの解説

    Lage Lund ジャズギター・スタイル 分析 第1小節
    ベースコードであるG7に対してGオルタード・テンションを交えたラインとなる。ここではオリジナルのコード進行が4度進行によるためドミナントモーションを意識したアドリブソロアプローチである。


    lage-lund,stablemates,transcription,コピー,ジャズギター

    Lage Lund ジャズギター分析 ドミナントモーションを意識したアドリブソロ