Lage Lund ジャズギター・アドリブ分析 第2回

Lage-Lund,romantic-lationo,ジャズギター,レッスン,コピー
  • 公開日 2018/08/14
  • 最終更新日 2018/09/03

アドリブソロ収録音源の解説

2005年のセロニアス・モンク・コンペティションで優勝したその年、ニューヨークにて録音された本作「Romantic Latino For Ladies」はLage Lundの日本企画盤第1作目となる。

アルバム名 Romantic Latino For Ladies
参加ミュージシャン
  • Lage Lund (Gt)
  • Aaron Goldberg(P, El-P)
  • Matt Brewer(B)
  • Rodney Green(D)
  • 楽曲
    1. Agua De Bebuer
    2. Django
    3. Wave
    4. How Deep Is The Ocean
    5. Adagio – Concierto De Aranjuez
    6. Blue Bossa
    7. Adagio Cardinal
    8. Around The World In A Bottle
    9. Corcovado
    10. Bums & Horses
    録音日 2005年12月12日

    現在は残念ながら廃盤となっている「Romantic Latino For Ladies」だが、今回取り上げている「Blue Bossa」や「How Deep Is The Ocean?」などのスタンダードを多く取り上げていて、なかなか良いソースとなるので機会があれば手に入れていただきたい一枚である。

    アレンジされたBlue Bossa

    通常のBlue BossaはABの2セクション、16小節からなるが、Lage LundによるBlue Bossaは拍子が3拍子に変更され、さらに1コーラスが17小節へとアレンジされている。

    通常のBlue Bossaのコード進行とLage Lundのアレンジヴァージョンのコード進行を比較してみたので参考にしていただきたい。

    通常のBlue Bossa

    lage-lund,blue-bosssa,ジャズギター,アドリブ,レッスン,コピー

    通常のブルーボッサにおけるコード進行

    Lage LundアレンジによるBlue Bossa

    lage-lund,blue-bosssa,ジャズギター,アドリブ,レッスン,コピー

    Lage Lundのアレンジによるブルーボッサのコード進行

    コード進行は、Lage Lundの演奏しているイントロやテーマのバッキングからの推測したものである。

    過去にInstagramにてLage LundによりアレンジされたBlue Bossaのイントロとテーマのトランスクリプションを公開していたのでこちらもご確認いただきたい。

    Lage LundのアレンジによるBlue BossaのTranscription

    また今回取り上げているLage LundのBlue Bossaのフルトランスクリプションを以下のページにて販売をしているので、学習に合わせてご活用いただければと思う。

    Jazz Guitar Solo Transcrioptions

    Lage Lund ジャズギター・アドリブソロの解説

    lage-lund,blue-bosssa,ジャズギター,アドリブ,レッスン,コピー

    Lage Lund ジャズギター・アドリブソロ分析 ソロの全容







    Lage Lundジャズギター・アドリブソロ 第1小節

    1、2拍目ではベースコードであるCマイナーを想定しCマイナーに対するⅤ代理となるGマイナーと♭Ⅲ代理となるE♭メジャーをセット。

    3拍目ではCメジャー・トライアドを演奏しているが、これは第2小節に想定されたAマイナーに対する和声となる。


    lage-lund,blue-bosssa,ジャズギター,アドリブ,レッスン,コピー

    Lage Lund ジャズギター・アドリブソロ 代理和声の設定


    Lage LundはGマイナー・トライアドに対して4度音の経過音を挿入し演奏している。また、E♭メジャー・トライアドに対しては4度音と2度音の経過音を交えてアドリブソロが演奏される。