横浜・川崎・武蔵小杉のギター/ジャズギター教室

2015.08.18.Tue

ジャズギター,kurt rosenwinkel,研究,コピー,アナライズ,ソロ

カートローゼンウィンケルのギターアドリブフレーズ研究 2

今回のジャズギター講座はKurt Rosenwinkelの初期音源からギター アドリブフレーズの一節を抜き取りKurt Rosenwinkelの独特なギター アドリブフレーズを分析していきます。

Kurt Rosenwinkel研究 参考音源

半音上に想定するアッパーストラクチャートライアド

それではまず今回のKurt Rosenwinkelのギターソロフレーズを確認しましょう。

Key of E♭のKurt Rosenwinkelによる実際のⅡ-Ⅴ-Ⅰフレーズです。

Kurt Rosenwinkelギター研究 | 参考譜面

ジャズギター kurt rosenwinkel 研究 コピー アナライズ ソロ

2018年2月にギターにおけるトライアドの練習教則本が完成しました!最高の出来なので気になる方は下記のリンクからよろしくお願いします。

永井義朗,ジャズギター教則本,トライアドエクササイズ

永井義朗オリジナルギター教則本のご紹介

動画でもオリジナルギター教則本の詳細についてお話ししています

ギターソロのクロマチシズム

今回のKurt Rosenwinkelのギターソロフレーズにはクロマチックな連結が多く確認できます。

Fm7上での2拍目から3拍目2小節目のB♭7上での3〜4拍目3小節目の2〜3拍目などですね。
着地点を設けそこをクロマチックで歌いきることでサウンドのあやふやさが増しKurt Rosenwinkelらしいジワジワと変化を遂げるアメーバのようなギター演奏スタイルを作り上げることが可能です(笑)

(Dave Liebmanのこの本はクロマチシズムを学ぶ上で大変役に立つものなのでこの場でオススメしておきます)

Kurt Rosenwinkelギター研究 | クロマチックなアドリブフレーズに注目

ジャズギター,kurt rosenwinkel,研究,コピー,アナライズ,ソロ

代理的なコードのサウンドアプローチ

下記のKurt Rosenwinkelのアドリブフレーズでは代理のアプローチを確認することができます。Fm7上でのCm7のコードアルペジオです。

さらにKurt RosenwinkelのアドリブフレーズからはB♭7に対してB△のアプローチが確認できますがそれは後ほど触れていきます。

ここでのKurt Rosenwinkelは解決先のE♭上からはうまくE♭△で歌い上げています。
3小節目の3〜4拍目から4音区切りのリズムでE♭△を歌い上げている感覚がします。

このブロック化した感覚でのサウンドの捉え方はJohn Coltraneの影響でしょうか^^

Kurt Rosenwinkelギター研究 | アドリブフレーズの代理的なコード演出

ジャズギター,kurt rosenwinkel,研究,コピー,アナライズ,ソロ

アウトなサウンドのドミナント処理

いよいよ今回のメイントピックスKurt Rosenwinkelのアウトフレージングなギターソロについてです。

Kurt Rosenwinkelのアドリブフレーズの2小節目に確認出来るB♭7に対してB△といったドミナント7thに対して半音上のトライアドによるアプローチに注目してみたいと思います。

(Kurt Rosenwinkelは本当にトライアドの使い方がうまいですね。発展したトライアドの感覚はKurt Rosenwinkelと盟友であるテナー奏者のMark Turnerとでバークリー学生時代に練り上げていったそうです^^)

サウンド自体はオルタードライクな雰囲気でB△をB♭7の観点で分析してみると、B=♭9/D♯=11th/F♯=♭13thとなります。

Kurt Rosenwinkelのこのようなトライアドアプローチはスケールとしての考えを広げるよりクロマチシズムの深度での解釈の方が柔軟に捉えることが可能かと思います。

B♭7の半音上のトライアド。全ての音が元のドミナント7thに対して半音上となりアウトなサウンドとなります
…これ位の解釈でいいのかもしれませんね(笑)

B♭7とBトライアドをミックスすると…

この2つの要素をミックスするとB♭HMP5↓というE♭ハーモニックマイナーを軸にしたスケールが出来上がります。よくマイナーⅡ-Ⅴ-Ⅰの時に耳にするサウンドです。

Kurt Rosenwinkel研究 | トライアドのミックス

hmp5,hexatonic,へクサトニック



ヘクサトニックスケールでの観点

B♭HMP5↓というスケールをヘクサトニックの観点でトライアドを2つに分解してみると…A♭dimとE♭mのトライアドに分解することが可能です。
(Kurt Rosenwinkelからの演奏のヒントを発展させていきます)

この2つのトライアドの組み合わせによりHMP5↓(ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ)というスケールの特徴的なサウンドをうまく抜き取ることができます。

完成された7音スケールに対してヘクサトニックではトライアドが2つで6音となり、違いは1音だけと微々たる差に感じるかと思いますが、アプローチを2つのトライアドで捉えているので全く違った感覚でのサウンドワークが可能になります

Kurt Rosenwinkelギター研究 | ヘクサトニックスケール

hmp5,hexatonic,へクサトニック

Bトライアドを変形させる

ここからはKurt Rosenwinkelのソロのアイデアから個人的な解釈を加えさらなる手法の可能性に迫ってみたいと思います。

半音上であるトライアドを4声のアルペジオであるB△7にしたり5度を半音上げてB+(オーグメント)に変形させたりすることで新しいサウンドワークの道が開けます。

全くの異物であったB△を少しE♭のトーナリティーに対しての順応を持たせることができます。

B△7では長7度のA♯音(=B♭音)が加わり…

Kurt Rosenwinkelギター研究 | ドミナントのアイデアを発展させる

永井義朗,ギター教室.横浜,川崎,武蔵小杉,ジャズギター,kurt rosenwinkel,研究,コピー,アナライズ,ソロ

B+(オーグメント)では増5度のG音が加わります。

Kurt Rosenwinkelギター研究 | トライアドの変形

永井義朗,ギター教室.横浜,川崎,武蔵小杉,ジャズギター,kurt rosenwinkel,研究,コピー,アナライズ,ソロ

いずれもE♭のコードトーンですのでインサイドな雰囲気を持たせることが可能です。

私個人としてはこの様に多少インサイドなサウンドを散りばめた方がサウンドが抜き出てくる感じが少なく、メカニカルな雰囲気は抑えられるので好みではあります。

1音の違いを時と場合で使い分けることで様々な印象を綴ることができるので便利なアプローチです。是非ご賞味ください(笑)




Kurt Rosenwinkel研究 まとめ

今回のジャズギター講座はKurt Rosenwinkelのフレーズ研究といったお題でお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

Kurt Rosenwinkelは現代のコンテンポラリージャズギタースタイルを築きあげた重要な人物です。
Kurt Rosenwinkelの初期のレコーディングには「これでもか!」と言わんばかりの分かりやすいフレージングが満載なのでこれからコンテンポラリーなジャズギタースタイルを学習したいという方は是非初期のKurt Rosenwinkelのギターサウンドをリスニングしてみると良いでしょう^^

下記の参考音源にKurt Rosenwinkelのオススメを貼り付けておきますのでご参考になさってください。

今回も最後までありがとうございました^^

コンテンポラリージャズギターを学習するためにおさえておきたいKurt Rosenwinkelの参考音源

Kurt Rosenwinkel | East Coast Love Affir

初期のKurt Rosenwinkelのトリオでの音源です。ギターの他にピアノも演奏するKurt Rosenwinkelのピアノ的なギターコードワークは必聴です。

ここでのKurt Rosenwinkelのギターヴォイシングスタイルはそこまで奇抜なものではないにしてもシンプルな要素を聞かせるセンスがやはり凄い。

現在のKurt Rosenwinkelの録音より基本に忠実な感じの演奏スタイルはコンテンポラリージャズギター学習の初期段階では大変参考になります。

Kurt Rosenwinkel | Intuit

こちらは初期のKurt Rosenwinkelのカルテット作品。
ハーモニー性の高いピアノの上をどのようにKurt Rosenwinkwlは演奏していくのか?この盤はコンテンポラリージャズギター学習には一番のオススメ盤です。

この盤でのKurt Rosenwinkelの手法はとにかく分かりやすく、John ScofieldのギタースタイルにKurt Rosenwinkelは影響を受けたんだなぁと感じる場面もあります。
Kurt Rosenwinkelのアウトするフレージング感覚はこの盤を聴き込むことでまず問題ないでしょう。

Paul Motian Electric Bebop Band | Electric Bebop Band

Kurt Rosenwinkelの音楽活動の初期にはPaul Motian Electric Bebop Bandへ加入していた時期もあります。
このバンドでの実験的な試み(コード楽器はギターのみの構成でギターの音は歪みなどのエフェクターがのったサウンド中心、ギター アドリブフレーズはウニャウニャで摩訶不思議状態、取り上げる楽曲はチャーリーパーカーやセロニアスモンクなどのBebop中心)は後のKurt Rosenwinkelのギタースタイルに大きな影響を与えたと言っても過言ではないでしょう。

ここでのKurt Rosenwinkelのギター アドリブフレーズは上記のIntuitよりもわかりやすくさらに曲のフォーマットもわかりやすいBebopものばかりなのでKurt Rosenwinkelのギタースタイルを学びたい方にはオススメの1枚です。

FOLLOW

CATEGORY:

PAGE TOP