Jesse Van Ruller ジャズギター・アドリブ分析 第5回

Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー
  • 公開日 2018/09/13
  • 最終更新日 2018/09/14

Jesse Van Rullerのアルバム「In Pursuit」について

Jesse Van Rullerのアルバム「In Pursuit」は、自身初となるピアノとのデュオ2006年の作品。
日本のレーベル55 recordsからリリ−スされた1枚です。

55 recordsからのリリースは他にもJesse Van Rullerのライブ盤としては会心作となる「Live at Murphy’s Law」がありますね。

Jesse Van Rullerが盲目のピアニストBert Van Den Brink(ベルツ・ヴァン・デン・ブリンク)を迎えた本作は、Bill EvansとJim Hallの名盤「Undercurrent」に迫る2人の個性が浮き彫りになるような名作。

M4には「I Hear a Rhapsody」がされているので少し意識しているかな?といった感じです。

M8とM9はライブ収録となっていて、Jesse Van Rukkerのオリジナル楽曲が9曲中3曲収録されています。(M1,M5,M6)

アルバム名 In Pursuit / 探求~デュオ
参加ミュージシャン
  • Jesse Van Ruller (Gt)
  • Bert Van Den Brink (P)
  • 楽曲
    1. Here Comes The Sun
    2. Estate
    3. Love For Sale
    4. I Hear A Rhapsody
    5. High, Higher, Her
    6. Amsterdam
    7. Good Bait
    8. Quiet Now (Live)
    9. Stablemates (Live)
    録音日 2006年 5月6日, 6月1日

    ジャズ・スタンダード「Love For Sale」について

    「Love For Sale」1930年12月8日にブロードウェイで初演されたミュージカル「ザ・ニューヨーカーズ」で使用された楽曲で作曲はCole Porterによるもの。

    ミュージカル「ザ・ニューヨーカーズ」のストーリーは酒の密造業者に恋をしてしまった上流階級の娘の社会からの逸脱といった内容で、Kathryn Crawfordと他3人の女友達役によってレストラン (Reuben’s)の前で「Love for sale」が歌われるシーンがあります。

    1930年当時においては、白人の娼婦が自分の職業をあけっぴろげに歌い上げるというのは過激過ぎたようで、売春を肯定的にあつかっていて公序良俗に反するとラジオで放送することが禁止されたそう。

    しかし、放送禁止となったことで話題となった楽曲でもあります。

    「Love for sale」

    「Appetizing young love for sale」

    出だしの歌詞からして大変過激な印象が…(笑)




    楽曲の分析

    「Love For Sale」の構成はAABAとなっていて、1セクション16小節の全64小節(!!)となんとも小節数の多い楽曲となっております。

    また「Love For Sale」はAセクションでは軽いラテンBセクションではスウィングといった演奏をされることが多い楽曲です。

    そして「Love For Sale」のKeyはB♭マイナーです。
    冒頭にあるブルース進行的なE♭7B♭7は、コードチェイスする事なくB♭マイナー系のモードで演奏できちゃいます。(って、むしろいその方がベターだったり…?)

    ここのモードチョイスにはB♭ドリアン・モードなんかでフレージングを組み上げても良いと思いますが、B♭メロディックマイナー・モードなんかに挑戦してみても良いですね。


    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    「Love For Sale」 Cole Porter

    今回Jesse Van Rullerのジャズギター・スタイル分析の対象としているデュオアルバム「In Pursuit」に収録された「Love For Sale」は4拍子と3拍子が交互に来るように構成された変拍子によるアレンジとなっています。


    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    Jesse Van Ruller アレンジの「Love For Sale」

    それではJesse Van Rullerによるジャズギター・アドリブソロの分析にまいりたいと思います。

    はじめに今回対象とするJesse Van Rullerによるギターソロを確認してみましょう。

    Jesse Van Ruller ジャズギターソロの解説


    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    Jesse Van Ruller ジャズギター分析 ギターソロの全容


    Ⅱ – ⅤをメインとしたBセクションの冒頭部分のギターソロとなります。

    「Love For Sale」 ソロトランスクリプションの紹介

    Love For Sale – Jesse Van Ruller

    今回取り上げているJesse Van Rullerによる「Love For Sale」のジャズギター・トランスクリプションを下記のリンクにて販売中です。

    興味のある方は今回の学習に合わせて活用してください!

    Jazz Guitar Transcriptions




    Jesse Van Ruller ジャズギター・スタイル分析 第1小節 – 第3小節
    Jesse Van Rullerは冒頭の3小節をB♭マイナーを軸にしてアドリブソロを展開しています。

    D♭メジャーのⅡ – Ⅴ – Ⅰとなりますが、D♭メジャーの平行調となるB♭マイナー一発でギターソロを演奏した感覚です。

    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    Jesse Van Ruller ジャズギター分析 B♭マイナーによるギターソロ


    第1小節から第3小節アタマまではB♭マイナー7のコード・アルペジオのみでギターソロが構築されています。

    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    Jesse Van Ruller ジャズギター分析 B♭マイナー7 コード・アルペジオ


    第3小節ではB♭マイナー♭ⅦをルートとしたA♭メジャーadd9が演奏されています。

    ここで演奏されている1235と演奏されるadd9の音型はトラディショナルなジャズ時代から引き継がれているジャズ語法となります。

    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    Jesse Van Ruller ジャズギター分析 A♭メジャーadd9





    Jesse Van Ruller ジャズギター・スタイル分析 第4小節 – 第6小節

    先程の第1小節から第3小節にて演奏されたB♭マイナーから4度進行する形でアドリブソロの軸が進んでいると想定し、Jesse Van Rullerは