Jesse Van Ruller ジャズギター・アドリブ分析 第14回

Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー
  • 公開日 2018/10/10
  • 最終更新日 2018/10/13

今回のジャズギター・レッスンブログでは前回に引き続き、Jesse Van Rullerによる「Blues For Paris」におけるギターソロの研究を取り上げていきます。

前回のJesse Van Ruller 「Blues For Paris」 研究記事

Jesse Van Ruller ジャズギター・アドリブ分析 第13回

演奏のデータ

以前取り上げた「Jesse Van Ruller ジャズギター・アドリブ分析 第13回」の記事では、今回取り上げているJesse Van Rullerの演奏収録盤のデータや「Blues For Paris」の楽曲解説をしていますので合わせてご覧頂ければと思います。

Jesse Van Ruller ジャズギター・アドリブ分析 第13回

「Blues For Paris」 ソロトランスクリプションの紹介

「Blues For Paris」 Jesse Van Ruller

今回取り上げているJesse Van Rullerによる「Blues For Paris」のジャズギター・トランスクリプションを下記のリンクにて販売中です。

興味のある方は今回の学習に合わせて是非とも活用してみてください。

Jazz Guitar Transcriptions

収録盤 「Play-Penn」




Jesse Van Rullerアドリブ演奏術

それでは初めに今回解説していくJesse Van Rullerによるギターソロの全容を確認しましょう。

ギターソロは3コーラス目の第9小節 – 第12小節にて演奏されたものとなります。


Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

Jesse Van Ruller ジャズギター分析 ギターソロの全容





マイナーの代理

ギターソロ第1小節にてJesse Van RulcerはベースコードのGm7に対して♭Ⅲメジャー♭Ⅶメジャーの代理コードを利用しギターソロを構築しています。


Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

Jesse Van Ruller ジャズギター分析 マイナーコードにおける代理コード


特に♭Ⅶトライアドはコードタイプを問わずアッパーなテンションを演出するにはとても効果的なトライアドです。

今回のJesse Van Rullerのギターソロからは♭Ⅶの和声の活用が多く確認できます。

それだけJesse Van Rullerの中でもパーソナルな感覚に♭Ⅶによる代理和声があるといえることでしょう。

ドミナントの代理とホールトーン