Jesse Van Ruller ジャズギター・アドリブ分析 第13回

Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー
  • 公開日 2018/10/06

今回のJesse Van Rullerによるギターソロからは、想定軸違いによるマイナーの様々な使い方を学ぶことができます。

演奏のデータ

Jesse Van RullerはClarence PennのCriss Cross第2作となるPlay-Pennに参加。

アルバムタイトル Play-Penn
参加ミュージシャン
  • Clarence Penn(Ds)
  • John Swana(Tp, Flh)
  • Ron Blake(Ts)
  • Jesse Van Ruller(G)
  • Rodney Whitaker(B)
  • 楽曲
    1. Teo
    2. Grace-Man
    3. You Must Believe In Spring
    4. Blues For Paris
    5. The Charm
    6. Consistent-Seay
    7. Red Alert
    8. Essence
    9. Preston’s Theme
    録音日 2001年 1月 19日
    Clarence Penn / Play-Penn

    本作に収録された「Blues for Paris」という楽曲にて演奏されたギターソロを今回のJesse Van Rullerジャズギター・スタイルの分析対象としています。

    コード進行について

    Crelance Pennによる「Blues for Paris」はCharlie Parkerの「Blues for Alice」のコード進行を利用したFブルースとなります。
    一般的なジャズ・ブルースのコード進行
    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    「Blues for Alice」のコード進行
    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    極限まで細分化されたブルースのコード進行により、Charlie Parkerが得意とするバップ的なアドリブソロが演奏しやすいフォーマットとなります。




    Jesse Van Rullerのアドリブ演奏術解体

    それではまず今回分析していくJesse Van Rullerによるギターソロの全容をご確認ください。


    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    Jesse Van Ruller ジャズギター分析 ギターソロの全容


    「Blues For Paris」 ソロトランスクリプションの紹介

    「Blues For Paris」 Jesse Van Ruller

    今回取り上げているJesse Van Rullerによる「Blues for Paris」のジャズギター・トランスクリプションを下記のリンクにて販売中です。

    興味のある方は今回の学習に合わせて是非とも活用してみてください。

    Jazz Guitar Transcriptions




    Ⅴ代理のマイナーとしてのマイナー活用

    まずはJesse Van Rullerによるギターソロの第2小節に注目してみましょう。

    ここではベースコードであるB♭mに対してFm7B♭mが想定されてフレージングが作られています。


    Jesse-Van-Ruller,analysis,ジャズギター,分析,フレーズ,コピー,ジェシバンルーラー

    Jesse Van Ruller ジャズギター分析 Ⅴ代理として機能するマイナー


    第1、2拍のFm7の想定によるギターソロでは11thの音をブレンドする形をとり、ベースコードのB♭mの和音を匂わせるテクニックが垣間見れます。

    さらにJesse Van Rullerはさらに違った視点でFマイナーをブレンドしたギターソロを組み上げています。

    オルタードとしてのマイナー活用