ジャズギターハーモナイズ術 Green Dolphin St. 2

On-Green-Dolpine-Street,ジャズギター,ソロ,コンテンポラリー,コード
  • 公開日 2018/08/10

今回のジャズギターレッスンブログは前回の「ジャズギターハーモナイズ術 Green Dolphin St. 1」から引き続き、セッションなどではおなじみのジャズスタンダードナンバーであるOn Green Dolphe Streetetを通じてコードによるメロディーハーモナイズ術をご紹介したいと思います。

後編となる今回はCセクションを確認していきます。
ではOn Green Dolphin StreetにおけるCセクションの構成から確認しましょう。

On Green Dolphin St. 楽曲の構成

ソングフォーム ABAC
構成 ラテン(Aセクション)
スウィング(B&Cセクション)
調性 E♭メジャー

On-Green-Dolpine-Street,ジャズギター,ソロ,コンテンポラリー,コード

Cセクション
*NOTE : Cセクションは通常Bセクションを演奏した後にAセクションの8小節を再び演奏するため、譜面の表記にあるCセクションの小節数に8をプラスしてご説明していきます。

25小節 Key of E♭のⅡから7度をオンベースに移動

26小節 Ⅶm7♭5 – Ⅲ7となるコード進行は続く27小節のCmへのⅡ – Ⅴ

27小節 25小節目と同じ動き

28〜31小節 28小節目では♯Ⅳm7♭5 – Ⅶ7となり、ここから循環でⅢ – Ⅵ – Ⅱ – Ⅴ – Ⅰとなる。

32小節目のⅡ – Ⅴは楽曲が終止する場合演奏しません。

また今回のOn Green Dolphin Streetにおけるソロジャズギターアレンジは、納 浩一さんの「ジャズスタンダードバイブル」に記載されているコード進行に基づいているため29〜30小節のコード進行であるGm7 – C7 – Fm7 – B♭7が3回繰り返されたのち終止する形となります。

それでは続いて、譜面と音源を確認してみましょう。

On-Green-Dolpine-Street,ジャズギター,ソロ,コンテンポラリー,コード




Cセクションにおけるコードハーモナイズ


On-Green-Dolpine-Street,ジャズギター,ソロ,コンテンポラリー,コード

コードハーモナイズ第25 – 28小節




Cセクション 1 – 2小節

上昇するメロディーに対し、下降するもう一つのラインの2ほんのコントラリーモーション(反進行)による対位法を利用しています。

Cセクション 3小節

Cmに対して♭Ⅲ代理となるE♭トライアドをsus2化、メロディーの下降とともに和音も下降する動きを採用しています。

3、4拍ではB♭m7を想定し、上記と同じ方法を採用しています。

Cセクション 4小節

Am7♭5の♭Ⅲ代理となるCmトライアドを採用し、D7ではD7の3度音となるF♯に対して3弦開放のGをぶつけたサウンドとなるDadd11を採用しています。

また続くCセクション第5小節の2拍目まで音を伸ばすことでスペースを作り出し、Dadd11のサウンド効果を高めています。








On-Green-Dolpine-Street,ジャズギター,ソロ,コンテンポラリー,コード

コードハーモナイズ第29 – 36小節



Cセクション 5 – 8小節
ターンアラウンドでのメロディーの発展をトップノートで演出しています。
ここでC7やB♭のドミナントハーモニーは意識せず、GmとFmを中枢に描いています。

Cセクション 9 – 10小節
ターンアラウンドの最後には繰り返しとは違ったハーモニーを想定することでフックを効かせています。

ハーモニーはGm – E♭7 – A♭m – B♭7とし、黄色のラインの箇所がトニックであるE♭に対するサブドミナントマイナーとなります。

Cセクション 11 – 12小節
トップノートを楽曲のキーのルートに設定し、ハーモニーをサイドスリップさせた例。

E♭のトニックに対して半音上のEのルートを設定、ハーモニーはマイナーメジャー7とし、Eの長7度音がD♯(=E♭)となるのでEの長7度音をアンカーとし別軸のハーモニーを想定する技法となっています。

まとめ

前回のジャズギターレッスンブログでもお話しましたが、ハーモナイズは独自のコンセプトを拡張し手法を落とし込むにも大変良い練習法です。

ハーモナイズの練習をする際の題材選びのポイントは以下の4点です。

  1. 楽曲のメロディーが伸びやかであること
  2. 楽曲のメロディーがコードトーンを中心に構成されていること
  3. パターン化されたメロディーの楽曲は避けること(“All The Things You Are”や”枯葉”など)
  4. 楽曲のハーモニーがシンプルであること

今回のフルヴァーション譜面は以下のリンクからダウンロード可能です。

ジャズギターハーモナイズ教材「On Pink Dolphin River」

それでは、また。