横浜・川崎・武蔵小杉のギター/ジャズギター教室

2016.12.21.Wed

ジェリーバーガンジー,ポリペンタトニックスケール,練習,ジャズ,ギター,

ジャズギター練習日誌 ポリペンタトニックスケール

皆さん、こんにちは。

文明の利器が練習を変えた感動を憶えた永井です。

さて、本日も練習日誌を簡単に…。

ポリペンタトニックスケール

本日も昨日の練習で取り上げたペンタトニックスケールの練習を。

昨日のブログ ▶︎ ジャズギター練習日誌 ペンタトニックスケール
今日はマイナーコードに対して5度上のマイナーペンタトニックスケールを演奏するポリペンタトニックスケールのアプローチを練習していました。

ジェリーバーガンジー氏の教則本に則った練習法ですが、やはり多少の工夫は必要。

ストレートにコードに対して5度上のペンタトニックスケールを演奏しても、なーんとなくわかりづらい…

そんな感じがしたのでポリペンタトニックスケールのサウンドさせるコツを個人的にまとめてみました!

ポリペンタトニックスケール演出のコツ

オリジナルのペンタトニックスケールを演奏後にポリペンタトニックスケールをブレンドする
ポリペンタトニックスケールの効果をオリジナルコードに対して理解する
(アッパーストラクチャートライアド的な感覚で扱う)
2度音程を意識する
5度上のマイナーペンタトニックスケールはオリジナルのマイナーコードに対して9th,11thを表現出来る
(色彩の感覚で)

こんな感じでしょうか?

あとはギターの場合オリジナルのペンタトニックスケールのポジションとポリペンタトニック(今回は5度上)のポジションの同時理解が重要ですね^^

今回も録音して聞き直して反省点や発見などをしていました!

本日のギター練習はポリペンタトニックスケール


練習のコード進行は昨日のものと同じでこんな感じです。
ジェリーバーガンジー,ペンタトニックスケール,練習,ジャズ,ギター

早速いい教材が作れそうな感じっ^^

今日も皆さんにありがとうを!

Cheers.

FOLLOW

CATEGORY:/

PAGE TOP