Miles Davisでもリスニングしながら

miles-davis,マイルスデイヴィス
  • 公開日 2018/09/28

こんばんは。

昨日のブログで触れていった「50年代のジャズストリーム」を理解したい欲求と探究心が少しずつ高まりつつある永井です。

というわけで早速本日からとりあえずジャズストリームの中心人物であるMiles Davisのレコードを整理してまして…。

意外にもコレクション少ないなーとか思いながら作業中にリスニングしてました。

本日はマラソンセッションの一枚である「Relaxin’」と「Bag’s Groove」をチョイス。(ここら辺はまともに聴いてなかったなぁ…)




「マラソンセッション」とは?

マラソンセッションとはJazz専門レーベルであるプレステッジからメジャーな音楽レーベルのコロンビアへ移籍する為に僅か2日間でアルバム4枚分を驚異的なスピードで録り終えたというMiles Davisの数ある歴史の中のエピソードの一つを指します。

2日間でアルバム4枚分といった録音ペースの為、もちろんほぼ全てのテイクがワンテイクで録音されています。

臨場感溢れるレコーディングのやりとりなどがそのまま録音されていて、その緊張感を味わうのもこのマラソンセッションシリーズ盤の醍醐味でしょうかね。

今回取り上げたRelaxin’はマラソンセッションでは3枚目のリリースとなりまして、1曲目となる「If I Were a Bell」はMiles Davisの「かすれ声によるバンドへの指示」から始まるというとても画期的なアルバムだと思いますねぇ。

「Relaxin’」 Miles Davis Quintet

内容も高評価が多いんでマラソンセッションは50年代のMiles Davisを知る上では必聴の4枚かと。

「Workin’」 Miles Davis Quintet
「Steamin’」 Miles Davis Quintet
「Cookin’」 Miles Davis Quintet

コレクションも他の3部作はまだ未入手なんでしっかり購入しておかないと。

喧嘩セッションの逸話を持つ「Bag’s Groove」

Bag’s Grooveはマラソンセッションよりも2年ほど前に録音された一枚です。
この盤にも面白い「逸話」があるのでご紹介したいと思います。

「Bag’s Groove」 Miles Davis

Miles DavisはピアニストのThelonious Monkに対し「俺のソロのバックを演奏しないでくれ」と命令したらしいんですね。それで頭にきたTheloninous Monkは本作とは異なる「Modern Jazz Giants」に収録された「The Man I Love」にてアドリブ演奏を途中放棄。(盤は違えどThe Man I Loveは「Bag’s Groove」と同じ録音です)

「Modern Jazz Giants」 Miles Davis

スタジオの奥からトランペットの音を出して指示を出すMailes Davisのトランペットもリスニングすることができます。

ただ2人は仲が悪いとかではないようです。




喧嘩セッションの逸話が先行しましたがパーソナルはThelonious Monkをはじめ、Milt JacksonやSonny Rollinsといった錚々たるメンバーが参加しております。

「Bag’s Groove」もなかなか穏やかな雰囲気で個人的に好みの盤となりました。

タイトル曲である「Bag’s Groove」はMilt Jackson作曲のF Bluesですが、ここでのTheronius Monkのソロがまた程よい浮遊感で大変好みであります。奇抜さの中にも、彼なりのモチーフがしっかり描かれていて良い感じ。

Miles Davisのソロも雰囲気感じますねぇ。抑えの効いた「音をチョイス」している感じがたまらんですな。

しばらく音楽のリスニング時間はMiles Davis漬けになりそうな永井さんなのでした。

それでは、また。