横浜・川崎・武蔵小杉のギター/ジャズギター教室

2016.12.19.Mon

ギター

ギターの練習について久しぶりに考てみる

皆さん、こんばんは。

昨日の太陽の偉大さに感動した永井です。

さて、昨日の朝はスターバックスコーヒーで演奏をしてまいりました。
電源関連のトラブルで開始時間が押しましたが、心地よく演奏できました!

朝早くからお越しいただいた生徒の皆さんありがとうございました^^

トラブルでバタついていたので写真を撮り忘れるという失態…お許しを(笑)

また機会があったらやらさせていただきまーす!

そして、昨日の演奏から少しマインドが変わりました。

久しぶりに練習を意識する

最近まで永井のマインドのモードは完全に講師としての使命を全うするという事で自分のギターの練習について考えることも意識することも有りませんでした。

(内心、成熟度的に時間を取る余裕がなかったのも事実なのかな…と)

しかし!
これからの教材の強化や独自の音楽論などの発展にも自分でギターの練習をする事が今後の為にもいい!となり、練習を意識するようにもなってきました。
(かといって講師業を全うするのは変わりませんよ!)

なので今日は久しぶりにギターの練習について考えてみたいと思います。

何が必要か?を知る

ギターの練習をする上で最も重要ともいえるのが何を練習すべきなのか?を理解することだと個人的には思います。

なので、まず自分が欲しいアビリティなどの理想を連想してみます。

いくつか上がったらそれに基づいた練習をしていきます。

もう1つの割り出し方としては自分に必要なものが分からない場合は自分の演奏の録音をして自己分析を行うことで自分には何が足りないのか?を理解する事ができるかと思います。

もしどうしても分からない場合は永井に頼ってください^^

世の中にはジャズの練習法なる教本も存在します!
(リンクは英語版ですが、日本語翻訳版も出版されています)

教材は練習に見合っているのか?

目標が決まったら練習のアプローチを考察していきます。

まず、自分が必要とするものに見合った教本/教材は存在するのか探してみます。

世の中にはユニークな書籍がたくさん有ります。

特に海外の書籍はマニアックな内容なものが多いので中級〜上級者向けの本が多いです!
(先ほどあげた自分に必要な練習を割り出す結果として上級者になればなるほどトピックスはナローになるからです)

教則本をこなす為に練習をしたりしていませんか?
しっかりと自分の目的に沿った練習教材を練習するようにしましょう!

本日はここら辺で!

今日も皆さんにありがとうを。

Cheers.

FOLLOW

CATEGORY:

PAGE TOP